活動報告詳細

茨木市で被爆ピアノコンサート
来年の県人会総会に招致を
茨木市主催、非核平和都市宣言30周年記念事業の一環として、
8月3日(日)午後1時30分から2時間、生涯学習センターきらめきホールで、
広島から搬送された被爆ピアノ「ミサコのピアノ」を森須奏絵さんが演奏、
大島久美子さんがソプラノ歌手として原爆・平和に因んだ歌を熱唱。
そして地元小学生によるピアノ演奏が行われました。

このピアノの調律師・矢川光則氏(広陵高校出身)がピアノの歴史と経緯を話され、
傷ついたままのピアノを真近で見学。改めて被爆の悲惨さを感じたものです。

当日は、広島県大阪情報センター福本課長、飯田副会長等も参加され、みなさん感動したとの声でした。
県人会として来年の総会のアトラクションとして誘致を計画中で、
被爆70周年事業として意義あるものとして行えばと思っています。

今回コンサートをプロデュースされた竹本宗文氏と共に、今後充分内容を検討させて頂ければと思っています。
素晴らしいコンサートでした。(記・藤田雄弘)
茨木市のコンサートにて、出演者のみなさんと

茨木市のコンサートにて、出演者のみなさんと
被爆ピアノ

被爆ピアノ
原爆ドームと被爆ピアノ(広島市平和公園)

原爆ドームと被爆ピアノ(広島市平和公園)

活動報告一覧に戻る

このページのトップへ