活動報告詳細

「マッサン」の故郷を訪ねて
楽しかった郷土訪問旅行
NHKの連続テレビ小説「マッサン」の故郷・竹原市を中心にした郷土訪問観光旅行は、
10月25日(土)〜26日(日)の一泊二日の日程で開催され、
京都県人会との共催で27名が参加された。

大型観光バスで大阪梅田を8時半に出発。中国・山陽道をひた走り、福山で昼食のあと、
竹原市に到着。町並み保存地域を散策。竹鶴酒造では社長のお話と試飲をさせていただいた。

瀬戸の多島美を眺めた後、宿泊先のホテル賀茂川荘で、お楽しみの懇親会が開かれた。
本会の豊松会長、京都県人会の向井会長の挨拶の後、陶芸家の今井政之先生の発声で乾杯。

宴半ば、竹原市の吉田基市長がかけつけ歓迎の挨拶。記念撮影後もカラオケなどで盛り上がった。
翌日は、京都広島県人会副会長で文化功労者の陶芸家・今井政之先生の登り窯「豊山窯」
(今井政之展示館)を訪問。お茶室で先生ご夫妻の温かい歓迎を受け大感激。
茶室から望める瀬戸内海の青い海を眺めながら、心癒されたひと時であった。

その後工房で陶芸体験として、素焼された湯呑み茶碗に思い思いのデザインを描いた。
絵付けした湯飲み茶わんは、後日焼き上げていただき送っていただいた。

展示館を後にバスは三原市へ。須波のレストランで昼食。
天満祥典・三原市長がお土産持参で駆け付けられ、
歓迎のあいさつの後共に昼食を楽しんでいただいた。

市長の見送りを受けて、最後の訪問先である銘酒「醉心」の蔵元・酔心山根本店沼田東工場を見学。
丁寧な製造工程の説明、試飲会など、山根社長始め多くの社員の大歓迎を受け、
お土産までいただき工場を後にした。

瀬戸の島々が眺められる道の駅「みはら神明の里」に立ち寄りショッピング。
多くの土産を手にして、一路大阪に向かい、8時すぎ大阪駅に無事到着し散会した。

好天に恵まれ、楽しく有意義な郷土訪問旅行でした。
竹原市、三原市、今井政之先生、竹鶴酒造様、醉心山根本店様に厚く御礼申し上げます。
(記・藤本輝夫)
郷土訪問旅行1

竹原市町並み保存地区
郷土訪問旅行2

的場海岸から瀬戸内を望む
郷土訪問旅行3

今井先生の工房でお茶の接待を受ける
郷土訪問旅行4

今井政之展示館(豊山窯)にて
郷土訪問旅行5

天満三原市長と懇談
郷土訪問旅行6

醉心山根本店沼田東工場にて

活動報告一覧に戻る

このページのトップへ