活動報告詳細

日帰りバスツアー「福井・越前の旅」
永平寺で座禅体験・31名が参加
10月24日(土)、暖かい晴天に恵まれ、一行を乗せたバスは福井県の永平寺に向けて出発しました。
当日は豊松会長、藤田幹事長をはじめ31名が参加、各自ユニークな自己紹介で始まり、大盛り上がりとなりました。

行く先の永平寺ですが、1244年、道元禅師によって開かれた座禅修行の道場で、曹洞宗の大本山です。
1200年、京都に生まれた道元は、14歳の時比叡山で出家し、24歳で中国に渡り、天童山の如浄禅師について、
お釈迦さまから伝わった「座禅」という正しい仏の教えを学ばれ帰国されたそうです。
自他ともに非常に厳しい修行を貫かれた生涯でした。

バスの中でガイドさんの話に耳を傾けながら、当時を空想していましたら、早や昼食処の谷口屋に到着です。

噂に聞いていました「竹田の油揚げステーキ」見事でした。
豊松会長のあいさつのあと、越前そばや立派な油揚げステーキに舌鼓を打ちながら楽しいひと時を過ごしました。

いよいよ山深い永平寺に辿り着きました。
山門をくぐると沢山の建物がありましたが、
目を引いたのが160畳式の大広間の格子天井に貼られた230枚の花鳥彩色絵です。

美しい天井に酔いしれているうち座禅体験の時がやってきました。
若いお坊さんの説明を受けて一同座禅。「バシー!」と大きな音がしましたが、もしやどなたか・・。

一同感謝の気持ちを胸に帰路へ。
途中日本海さかな街に立ち寄り、海の幸をどっさり買い込んで満面の笑みの日帰りバスツアーでした。
(記・飯田博子)
カラオケ大会

谷口屋での昼食会
カラオケ大会

名物の油揚げのステーキに舌鼓
カラオケ大会 カラオケ大会
カラオケ大会 カラオケ大会

日本海さかな街でのお買い物
日帰りバスツアーに参加の皆さん(10月24日・永平寺山門にて)

日帰りバスツアーに参加の皆さん(10月24日・永平寺山門にて)

活動報告一覧に戻る

このページのトップへ