活動報告詳細

センバツ・呉高校初出場
新大阪駅で盛大に歓迎激励会
第89回選抜高等学校野球大会に初出場を果した呉市立呉高等学校の選手団一行が、
3月13日(月)新大阪駅着の新幹線で来阪。県人会関係者多数が出迎え、歓迎激励会が行われた。

歓迎激励会は、まず県人会長・豊松正文氏の歓迎のあいさつで始まり、
望月徹・県大阪情報センター所長、佐々木芳信・広島県関西同窓協議会会長からの激励を行なった。

本会幹事の安田千鳥さんが中村信彦監督に花束を贈り、監督から甲子園に臨む抱負を述べた。
最後に矢野修嗣・呉高等学校校長の謝辞延べられた。
その後、選手団を囲み関係者全員で記念撮影が行なわれおひらきとなった。(記・藤本輝夫)
センバツ・呉高校初出場 センバツ・呉高校初出場
呉高校選手団の歓迎会で挨拶をする県人会・豊松会長(左)と関同協会長・佐々木会長
センバツ・呉高校初出場
広島県大阪情報センター所長・望月徹氏
センバツ・呉高校初出場
中村監督へ花束贈呈
センバツ・呉高校初出場
中村監督と幹事・安田千鳥さん
センバツ・呉高校初出場
呉高校校長・矢野修嗣氏
センバツ・呉高校初出場
呉高校選手団を囲み記念写真(3月13日/新大阪駅)
センバツ・呉高校初出場
歓迎会後の懇談会にて
センバツ・呉高校初出場
県人会を表敬訪問された呉高校の校長、野球部長ら

活動報告一覧に戻る

このページのトップへ