活動報告詳細

第42回・大阪福の会
160余名が参加し盛大に開催
第42回大阪福の会が、11月24日(金)午後6時半から、
天王寺区のホテルアウイーナ大阪で開かれ県人会の会員など160余名が参加した。

本会副幹事長の藤本輝夫氏の司会で始まり、大阪福の会会長鶴岡香さん(本会会員)が開会のあいさつ、
続いて千福の醸造元・且O宅本店の三宅清嗣社長のあいさつが行われた。
鶴岡会長、三宅社長や福の会の世話人の手で鏡開きが行われ、
近畿広島県人会の立岩文夫会長の乾杯の発声で懇親会に移った。

テーブルには新酒や濁り酒、純米酒、吟醸酒や関西地区限定販売の「いちょう並木」などが並び、
思い思いの酒を酌み交わし交流が行われた。
宴半ば抽選会が行われ、吟醸酒「宮島絵巻」、純米大吟醸酒「蔵」、
王者千福」などの豪華景品が次々と引き当てられた。

大阪福の会は、年1回開催され、呉の銘酒「千福」を酌み交わしながら親睦を深めて、40年以上続いています。
大阪の他にも広島、福山、呉、福岡、東京などに福の会がある。
第42回・大阪福の会 第42回・大阪福の会
第42回・大阪福の会 第42回・大阪福の会
第42回・大阪福の会 第42回・大阪福の会
第42回・大阪福の会
 

活動報告一覧に戻る

このページのトップへ