活動報告詳細

センバツ高校野球大会
開会式の司会は呉・三津田高校・赤瀬さん
選手宣誓は広陵高主将・秋山功太郎君
第91回選抜高等学校野球大会開会式は、3月23日午前9時から阪神甲子園球で行われた。
開会式の司会は、第65回全国高校放送コンテスト朗読部門優勝の、
呉・三津田高校2年生の赤瀬智咲さんが務めた。

広島県の代表校、広陵高校と呉高校2校の選手がはつらつと入場行進を行い、
広陵高校のキャプテン・秋山功太郎君が
「全国の方々にありがとうの気持ちで平成最後の甲子園を最後まで正々堂々と戦い抜きます」と、
堂々と選手宣誓を行った。

開会式直後の開幕戦に呉高校が登場し、この日はまさに広島デーであった。 (取材・藤本輝夫)
第91回選抜高校野球大会
開会式で入場行進をする広陵高校と呉高校の選手団(3月23日・甲子園球場)
第91回選抜高校野球大会
開会式の司会をする三津田高の赤瀬さん
第91回選抜高校野球大会
選手宣誓をする広陵主将秋山功太郎君
第91回選抜高校野球大会
第91回選抜高校野球大会
「平成最後の甲子園を正々堂々と戦います」と宣誓する広陵港主将・秋山功太郎君(テレビから)
呉高・初戦で、広陵高・2回戦で敗退
第91回選抜高校野球大会は3月23日から阪神甲子園球場で開催された。

2年ぶり2度目の出場を果した呉市立呉高校は、オープニングゲームとして、大会初日の開会式直後に登場した。
6年ぶり24度目出場の広陵高校は大会4日目に登場し1回戦を勝ち上がり、
大会8日目の2回戦で敗退し、8強入りを逃した。
◎1回戦
呉(広 島)
和歌山(和歌山)
000 000 101 00 |2
100 010 000 01 |3
大会第1日目の開会式直後の開幕試合に臨んだ呉高校は、市立和歌山高校と対戦。
先制を許し苦戦を強いられたが、最終回に同点に追いつき延長戦にもつれ込んだ。

和歌山の先発岩本に、七回まで無安打と苦しめられた。
呉のエース沼田も粘りを見せたが、
十一回裏に決勝打を許しサヨナラ負けを喫した。
◎1回戦
八戸学院光星(青森)
広陵(広島)
000 000 000 |0
000 002 000 |2
広陵高校はエース河野が3安打散発に抑え完封した。
力強い直球に変化球を織り交ぜ、的を絞らせず8奪三振。
◎2回戦
東邦(愛知)
広陵(広島)
204 000 330 |12
000 000 020 |2
広陵の2回戦は、平成元年の選抜大会で優勝した愛知の東邦高校と対戦。2−12で敗退した。
東邦高校は今大会で優勝を果し、平成最初と最後の優勝校となり通算5度目の優勝を飾った。

呉市長もアルプススタンドで応援
呉高校、広陵高校の試合には県人会の豊松名誉会長をはじめ
多数の役員や関同協の役員などが応援に駆け付けた。

地元広島や呉から大型観光バスを連ね、
両校の生徒や保護者など大勢がアルプススタンドに陣取り、熱烈な応援を繰り広げた。
呉高校の試合には新原呉市長も参加され、生徒に交じって熱烈な声援を送った。(取材・藤本輝夫)
第91回選抜高校野球大会
第91回選抜高校野球大会
第91回選抜高校野球大会
第91回選抜高校野球大会
第91回選抜高校野球大会
第91回選抜高校野球大会
県人会、関同協の役員も大勢がスタンドに駆け付け熱い声援を送る
第91回選抜高校野球大会
呉高の選手と共にアルプススタンドで熱い声援を送る新原芳明・呉市長(左から4人目)

活動報告一覧に戻る

このページのトップへ